アイジールーフ

耐久性・快適性・意匠性が見事に融合した屋根材の新しいスタンダード

商品の特長 丈夫で美しさ長持ち

さらなる耐食性向上を実現した次世代ガルバ鋼板
「超高耐久ガルバ(めっき量AZ150)」を全商品に採用

超高耐久ガルバ

「超高耐久ガルバ」とは、「2%マグネシウム-55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板」です。
ガルバリウム鋼板(55% アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板)にマグネシウムを2%添加することにより、めっき層を強化しました。超高耐久ガルバはガルバリウム鋼板に比べ、3倍超の寿命が期待できます。

超高耐久ガルバ

※促進耐食性試験における超高耐久ガルバとガルバ鋼板のめっき部の溶出量の比較

表面鋼板の仕様

超高耐久ガルバの表面

超高耐久ガルバのめっき層は、粒状のアルミリッチ層を亜鉛リッチ層が網目状に取り囲んでいる構造になっており、マグネシウムは亜鉛リッチ層と共存しています。めっきに含まれる亜鉛、アルミニウム、マグネシウムは最もバランスよく機能する組成となっており、特に厳しい腐食条件下でより優れた耐食性を発揮します。

超高耐久ガルバの表面

耐久性をさらに強化しためっき組成(アルミニウム:55%、亜鉛:41.4%、マグネシウム:2%、シリコン:1.6%から構成)

超高耐久ガルバの表面
マグネシウムの働き

亜鉛は、鉄がさびる前に自ら酸化物・水酸化物などになり鋼板を保護します。これを「犠牲防食作用」と呼びます。さらにこの酸化物・水酸化物などは保護被膜として機能します。超高耐久ガルバは、亜鉛リッチ層にマグネシウムを共存させることで、より緻密で水に溶けにくい保護被膜を形成することが可能となりました。この効果により、亜鉛リッチ層の消耗が抑えられるため「犠牲防食作用」が長期にわたり確保されます。

マグネシウムの働き
めっき層の比較

超高耐久ガルバのめっきは、一般的なガルバリウム鋼板のAZ120(めっき付着量120g/m2)に比べ、めっきの付着量が多く、鋼板断面を比較してもAZ150はめっき層が厚いことがわかります。めっき層が厚いため鉄(鋼板)をさびから守り、高い耐久性を発揮します。

めっき層の比較

安心・充実の製品保証

超高耐久ガルバの採用により、穴あき25年保証を実現。保証対象地域は海岸線より500m以遠までとなり、幅広い地域でご使用いただけます。

  • 安心・充実の製品保証
  • 安心・充実の製品保証

幅広い環境に対応

マグネシウムを含む超高耐久ガルバは、酸・アルカリに対する耐久性のバランスが良く、幅広い環境に対応しているので厳しい環境下でも優れた 耐久性を発揮します。

幅広い環境に対応

表面は焼き付け塗装で高耐久な2タイプをご用意

  • 表面は焼き付け塗装で高耐久な2タイプ
  • 表面は焼き付け塗装で高耐久な2タイプ