アイジーサイディング

金属サイディングのリーディングカンパニーとしての信頼と実績で安心・快適な住まいづくり

商品の特長 快適さを生む機能性

高い断熱性で快適な生活空間づくりに貢献

アイジーサイディングのしん材には抜群の断熱性能を誇る断熱材(ポリイソシアヌレートフォーム)を採用しています。

高い断熱性で快適な生活空間

熱貫流率で比較

他の外壁材との断熱性能比較

他の外壁材と断熱性能を比較しました。
「熱貫流率」とは、熱の伝えやすさを表した値で、数値が小さいほど断熱性に優れています。

他の外壁材との断熱性能比較

「SF-ガルステージシャインJ」、「SF-ガルスパンJ」の値は、JIS-A-1420の実測値で、その他の値は熱伝導率から算出した値です。

断熱性が高いと、どんないいことがあるの?

Answer:断熱性は快適な生活を送るためのポイントです。
建物の断熱性が高いと、冷暖房の効きが良くなります。ペットボトルよりもステンレスボトル(水筒)に入れた飲み物の方が長時間冷たさ(温かさ)をキープできるのと同じイメージです。 空調のエネルギー消費も少なくなるので、冷暖房費とCO2の削減につながります。

遮熱効果がある「遮熱性フッ素樹脂塗装」を採用
夏の厳しい日射を反射するので外壁から室内に伝わる熱を低減します

外壁から室内に伝わる熱を低減

表面温度の比較と
日射反射率の測定結果

表面温度の測定

SF-ガルスパンJのFネオブラック(遮熱性フッ素樹脂塗装品)と、同形状のブラック色(遮熱効果なし)の遮熱性能を比較。太陽光に近い光(メタルハライドランプ)を当てて、表面の温度上昇を観察しました。

表面温度の測定

測定条件/室温:12℃、ランプの高さ:16cm、照射時間:20分
弊社の社内試験による参考値です。

日射反射率試験の測定結果

遮熱性フッ素樹脂塗装は日射反射率が大きくなっていますが、中でも熱を吸収しやすいブラックやブラウンは、その効果がより顕著に現れています。

日射反射率試験の測定結果

<試験方法>日射反射率測定(波長域:300~2,500nm)
同系色の塗装鋼板での比較です。
塗装メーカー測定による参考値です。